So-net無料ブログ作成

日本のフォークとロックの伝説 <2005.8.28> [音楽]

  2005.8.28                     

   久しぶりに対談の取材を受けた。
    相手は御馴染み 大野真澄 君。
     雑誌は「ランティエ
      テーマは
       「日本のフォークとロックの伝説
        場所は「B.Y.G.
         とまあ上手くお膳は整った。

   9時から2時間ほど
    ビールも手伝ってくれて
     気分よく終了。
      何喋ったか良く覚えてはないけれど
       そんなもんかな。

   しかしこの雑誌
    「一生不良であり続けたい」は
     好きな言葉。
      とりあえず
       立ち読みから。


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 6

浜ちゃん

昨日横浜元町の本屋で及川恒平さんのライブ前に買って読ませていただきました。 昔のこともいいのですが今どれだけの人が継続または再活動しておられるか、そしてお亡くなりになったかた、全く活動をやめたかた。とことん調べると辞書になってしまうね。 猫とおけいさんは今でも奇跡の復活でしょうね。ともに普通の社会人と主婦から…。 あっ昨日は、おけいさんがライブ途中で参加し、スパイ物語の楽曲を2人で歌いました。 まだ京都の手前です。今日は少し休んでから、また京都仁和寺の南こうせつさんコンサートへ。 疲れたとは言えません。それではまた来月。失礼します。
by 浜ちゃん (2005-08-28 08:40) 

YASS@大阪

 買いました!読みました!
 単純にヒット曲ではなく、当時の体臭、雰囲気、泥臭さみたいな部分にスポットを当ててくれた本で、嬉しく懐かしく、一気に読みました!
 やはり70年代の音楽は最高ですワ!!
by YASS@大阪 (2005-08-28 16:40) 

tzneyan

 浜ちゃん久しぶり。横浜だったんだね。とことん辞典,浜ちゃんなら出来そうだね。僕は普通の社会人じゃなかったね。出来損ないの業界人でした。仁和寺は大好きな寺の一つ。こうせつは毎年なんだよね?
by tzneyan (2005-08-29 01:25) 

tzneyan

 YASS@大阪さん。70年代といったら黙ってられないんですね。あの写真を見てると異次元の世界だものね。どこか違う星の話みたいです。人類が進化した瞬間かもね。
by tzneyan (2005-08-29 01:29) 

ひま

ここ何年かの間に、フォークの世界でも何人かの惜しい人がなくなっています。まだ、その年齢にはほど遠いのに、なおかつ自らその命を絶った方もおられました。もう彼らの生が見られないと思うと、とても残念です。せっかく、暇もお金も自由になり、学生の頃見られなかった、アーティストたちを、これからいっぱい見られると思っていたのに、悲しいです。田口さんはご病気だったのでしょうか。再結成「猫」のコンサートでは、「あなたが教えてくれた季節」は唄われるのですか?
by ひま (2005-09-03 20:21) 

tzneyan

 ひまさん。田口の曲はまだなかなかやれないんです。猫解散後はグループ時代では出来なかった音楽に挑戦していたので,僕達がやるにはまだちょっと時間が必要かな。でも早く歌ってみたいし,それを望む彼のファンもきっといるでしょう。でもあんなふうには歌えないから,がっかりされないよう頑ばんないとね。
by tzneyan (2005-09-04 01:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。