So-net無料ブログ作成
検索選択

2011 ベスト映画 [映画]

    2012.1.10  the fighter.jpg

    2011 ベスト映画

    毎年、年末
     その年に観た映画のランキング
      バーで一杯飲みながら
       朝まで語る会を
        10年程前までやったものだ

    忙しいを口実に失くなっていった
     実際に観る映画もグッと減り
      両手両足で足りてしまう
       学校をサボって観た高校時代の
        下北沢のオデヲン座が懐かしい

    年間130本も観るという友人Yが
     昨年の自らのランキングを
      大晦日にメールしてきた
       年末に倒れ、救急車騒ぎを起しても
        これだけはやり遂げる

    そのYのベストワンと
     僕のベストワンとが
      今回は見事に一致した

    ザ・ファイター ...
     この一本に尽きるね

    実はこの映画
     全く期待していなかった
      アカデミー賞の何部門かに
       ノミネートはされてはいたけど

    クリスチャン・ベイル
     どうも線が細く
      良い作品には出ていても
       一向に好きにはなれなかった

    バットマン「ダーク・ナイト」では
     ヒース・レジャーに完敗していた
      主役だったのに
       「3時10分、決断のとき」も
        線の細い善人役だったなぁ...
         ハンサムの宿命かなと
          それが結論だった

    ザ・ファイターは徹底して
     リアリズムをおし通してきた
      実話の映画化ということもあり
       マサチューセッツの田舎町の
        兄弟ボクサーを浮き彫りにする

    やがて僕の想像を遥かに裏切る
     ベイルの圧倒的な存在感に
      グイグイ引き込まれてしまった
       こういう裏切りは最高だ

    麻薬を断ち切れない元スターボクサー
     そして地味で真面目な弟
      対象的な二人を軸にテンポ良く
       周りの人間を巻き込みながら
        物語りは展開していった

    ベイルはこれがあの...?
     と思わせるほど風貌が違う
      髪の毛を大量に抜き
       歯もイビツに並ばせたらしい
        とうとう待っていた役が来た
         そんな感じなのだろう

    弟役の マーク・ウォールバーグ
     その恋人役の エイミー・アダムス
      母親役の メリッサ・レオ も素晴しい
       脇役の固め方は完璧だった
        皆がそれぞれ闘っているのだ

    ボクシング映画らしく
     クライマックスの試合も感動的
      そしてタイトルバックのオチも
       月並ではあっても小気味いい

    かくして
     2011年の僕のベスト映画は
      迷う事なくザ・ファイターに
       決定しました

    そして
     ベストテンは

    2 未来を生きる君たちへ
     3 ソーシャルネットワーク
      4 リアル・スティール
       5 猿の惑星 創世記
        6 ブラックスワン
         7 ジュリエットからの手紙
          8 アンノウン
           9 127時間
            10 英国王のスピーチ

   大作は「猿の惑星」「リアル・スティール」くらいで
    キラリといい映画が多かったね
     さてと2012年は....?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。